ガラスフィルム・ガラスクリーニングなら あおい企画|東京都中野区

窓ガラスフィルム施工・ダイノックシート施工はあおい企画にお任せください!万が一の際にも5年間保証付きで安心です。
 

あおい企画

ホームお知らせブログ ≫ 猫ちゃんに紫外線はとっても危険です! 紫外線カットフィ... ≫

猫ちゃんに紫外線はとっても危険です! 紫外線カットフィルムで愛猫を守りましょう!

猫
猫ちゃんにとって紫外線は大変危険、大敵です!

猫ちゃんは、比較的、窓際や縁側などで日向ぼっこをすることが好きな子が多いです。お外にお散歩!という猫ちゃんもいると思います。しかし、私たち人間も同じですが、夏の強い日差しを浴びると日光皮膚炎という皮膚病になる危険性があります。この日光皮膚炎について、どんな病気なのか、その症状やどんな猫ちゃんに発症しやすいのか、予防方法などをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

日光皮膚炎というのは、耳の先の方や鼻、口や目の周りなど、被毛の薄い部分や色素の薄い部分に、発赤や脱毛、フケ・潰瘍などの症状がみられる皮膚病です。かゆみがともなうこともあるために、猫ちゃんが自分で掻いて傷を付けてしまうこともあります。

この皮膚炎が悪化してしまうと、皮膚が赤剥けになり潰瘍ができてしまったり、皮膚が角化することもあるそうです。
そして、長期間継続することで、扁平上皮癌に移行する可能性のある皮膚炎です。

〇日光皮膚炎の症状は?

最初は、発赤程度だそうですが、フケがでたり、脱毛したり、潰瘍がみられるようになります。

長期間続くと、日光皮膚炎から扁平上皮癌に移行しやすく、例えば耳の場合、壊死した表皮が増えて、真皮内へ増殖し中心性の角化を示すことがあるそうです。また、潰瘍が続いたり、再発を繰り返し癌の疑いがあると、患部を切除することもあるようです。

日光皮膚炎そのものは、すぐに命に関わる病気ではないですが、放っておくと大変なことになってしまうこともあるので、早く発見して早く処置をしてあげましょう。

〇予防できないの?

日光皮膚炎の予防は、原因から考えて、紫外線を避けることです。

外に出る習慣のある猫ちゃんは、日差しのキツい時間は外に出さないようにしてあげましょう。
室内で飼育している場合でも、窓際など日差しがキツいところは、UVカットをする対策をしましょう。窓にUVカットのフィルムを貼ることがお手軽に出来る最適な方法です。
 

日光皮膚炎は、命に関わる病変ではないですが、扁平上皮癌などになる可能性もあるので、皮膚の異変に気付いたら早めに獣医さんに相談してみてください。

UVカットフィルムは紫外線を99%以上カットしてくれる優れものです!
また、猫ちゃんだけでなく飼い主様のお肌を守り、家具や床、畳や壁紙などの日焼けも防いでくれます。

飼い主様も大切な猫ちゃんも毎日快適に過ごせるよう、ぜひとも紫外線カットフィルムをご検討くださいませ!

2022年06月30日 00:58